前へ
次へ

高いキッチンと安い床材の組み合わせ

キッチンは定期的に入れ替えるのを前提に作られているともいえ、長ければ20年ぐらい使用した時にリフォームを考えるといいかも知れません。
設備のグレードも20年経過すると全く違ったものになるので、劇的に使い勝手が変わっていたりします。
少々高くてもいいタイプのキッチンを入れたいと考えるかもしれません。
キッチンリフォームをするときに一緒に考えることが多いのがキッチンの床の張り替えです。
キッチンの床を取り換えるのはキッチンを交換するときぐらいしかないので一緒にしてしまおうと考えることがあるかもしれません。
となるとリフォーム費用としてはキッチン部分と床部分で考える必要があります。
予算に余裕があれば床材もそれなりにいい物を選ぶでしょうが、予算に限度があるとキッチンはグレードが高いのに床材はチープなタイプを選んで費用を抑えるときがあります。
せっかくきれいにリフォームしたのにキッチンと床でグレードが異なると全体的にチープに見えてしまうこともあります。
事前にシミュレーションなどをして雰囲気を確かめておくと良いでしょう。

Page Top