前へ
次へ

床下収納は何となくで設置を決めない

キッチンを使うときには収納を考えなくてはならず、キッチンに付属している収納で足りなければ別途棚を用意したり、上部などに新たに収納スペースを取付ける必要があります。
いざ収納を取付けたはいいが使いづらい収納もあり、結局ほとんど使わないなどもあるようです。
キッチンリフォームをするときに便利そうな収納として床下収納を提案されるときがあるでしょう。
床下に一定の空間がありそれまで使っていないなら、その部分を収納に活用できればかなり重宝できそうです。
しかし床下のものはしゃがんで床の扉を開け、さらに手を突っ込んで物を取ったり置いたりと大変な動作が必要です。
住宅リフォーム時に新たに床下収納を設置するときはきちんと目的を決めると良いでしょう。
古い住宅だと床下への出入りがしにくい時があり、そのための出入り口として床下収納部分を利用することがあります。
普段は収納として使い、定期的な床下の検査等にも使えます。
収納以外の目的があるなら設置しても問題ないでしょう。

Page Top